マスクも春色に着かえましょう。

Img_d3fcf250434114854bba19c5afaf0bbf
花粉症の方には、ちょっと辛い春が、
やってきました。


必需品のマスクも、春色に着かえて、
気分転換してみましょう。

優しいパステルトーンの色が揃った
「竹のうるおいマスク」

色は、
浅藍・紅梅・胡桃・若竹・
薄墨・木蓮・薄藤・洗柿
の8色です。


色の名前は、和名を使っています。


浅藍(あさあい)
紅梅(こうばい)
木蓮(もくれん)

その、色名の文字を見たり、発音してみるだけでも
なんだか気持ちが豊かになってきます。

日本人の心を大切にした色名のマスク。
身も心も和みますね。



「竹のうるおいマスク」は、
息がスムーズにできる立体マスクです。

さらに、布製なので何度でも洗って
使えるし、肌にも優しい。
竹布のなかでも、
最も細く柔らかい織り地(竹布ガーゼ)を
使用しています。


お肌の乾燥も防いてくれます。
花粉症の時期は、もちろん
夜寝る時も着けていただくと、
寝ている間に
自分の呼吸に含まれた水分で、
お肌の潤いも保ってくれます。

朝、起きたときにお肌を触っていただくと
実感できますよ。


また、新幹線や、飛行機などの乗り物や映画館など
乾燥しそうな場所でも重宝します。


竹のうるおいマスクについて、
詳しくはこちらからご覧ください。
 (Click!) 

竹布商品は、こちらから。

 (Click!) 



竹布・大人可愛いインナーなどの商品カタログ&ショッピングサイトです。
    ↓
 (Click!) 

色彩暦のブログ~毎日、身近に出逢うお花を紹介しています。
 (Click!) 

facebookはこちらからご覧ください。 (Click!) 

竹布に守られた旅~



7月2日(土)、仕事で大阪へ行ってきました。

出発する
2,3日前 のどが痛くなり身体も重く、
「ヤバい、風邪をひきそう」な、症状がありました。

そんな時は、竹布マスクを、1日中着装します。
もちろん、寝る時も。
和布もやはり、常時首に巻いています。
そして、月のしずくの「銀水」神秘の水を口の中や、
首などにスプレーします。

その甲斐あってか、前日の夜には
何とか体調も戻っていきました。


とはいえ、完全ではないし、
ぶり返しては大変です。


旅のお供は、写真の
竹布マスク、和布、
月のしずく、神秘の水のスプレー。


三種の神器ならず、四種の神器に
守られて無事、帰ってまいりました。

この日、外は真夏並みの暑さでしたが、
往復の新幹線は、冷房がよく効いていましたので
丈布がとても役に立ちました。


これからの季節、
外の暑さと、室内や車内の冷房の涼しさ、
この温度差が、体調を崩す原因になります。


竹布で、大切な体を守ってくださいね。
Img_128d09b3cfafcb7651e8a794ba284810