秋のオシャレは、竹布マフラーで・・・

Img_9bc2cbf980b50c62d80f5d02ef89c5a7
和布全色(なごみぬの)

竹布マフラー和布(なごみぬの)


一重ガーゼの「和布」は
柔らかい肌触りで、優しく寄り添ってくれます。


和布は、肌の弱い方や赤ちゃんにも
安心して使ってもらえるようにと
開発された『竹布ベビーソフト』と同じ、
ガーゼ生地で作られています。


竹布ガーゼは、綿のガーゼより
肌への抵抗が少なくなるように織られています。



竹布の原点はガーゼ~


喉や唇の乾燥から守ってくれる「竹布マスク」
かさばらず使いやすい「清布ハンカチ」
やさしくお顔の汚れを落としてくれる「洗顔クロス」
入浴の時につかう「ボディータオル」
食器洗いに「食器洗いクロス」

そして、

お洒落なマフラー「和布」
大判で便利な「清布ストール」

女性の大切な日を守ってくれる「竹布ナプキン」
これって、全て素材は、

「竹布ガーゼ」です。

Img_a20541547647ba785c4cbd4bd1cac23b
竹の繊維
Img_bb8f9f8424c964adef8f0ea1b8395cc9
竹布製品

「和布マフラー」も
肌の弱い方や赤ちゃんにも
安心して使ってもらえるようにと
開発された『竹布ベビーソフト』と同じ、
ガーゼ生地で作られています。


「首元」は身体にとって
大切な場所の中のひとつ。
この敏感な場所を守るには、
やわらかで優しい風合いの
ガーゼが最適だと
、竹布の開発者である相田さんは
考えられたそうです。


だから、和布は
巻いているとホッと安心して、
癒されるのですね。



Img_ec0ee4bd337d74f2fab8539dd1eae13e
和布 紅梅
Img_fe4a8687a54378c42983f9bb506a1d92
和布 薄墨
Img_26d2c88af24f5d2d7a43bae2ad58dffc
和布 胡桃

和布の色は、和の心を伝える「日本の伝統色}


竹布マフラー「和布」には
和の色名がつけられています。


紅梅(こうばい)
薄墨(うすずみ)
胡桃(くるみ)
若竹(わかたけ)
浅藍(あさあい)
洗柿(あらいがき)
薄藤(うすぶじ)
木蓮(もくれん)



声を出して読むと、
なんだか心がほっこり和みますね。



Img_a8d5b24f2adc32b23537302e1c7b111f
和布 若竹
Img_b27006a3fbb0d58ff1fd9ed4f762cf56
和布 浅藍
Img_cc0b14d2e34f202674e7cd2fd3879199
和布 洗柿

和布は、一色で使う他に
2色使いをすると、
とても楽しめます。

2枚重ねて巻いて頂くと、
反対側の色がほんのり透けて見えます。

平安時代の貴族は、
「かさねの色目」と言って、
着物の生地を表と裏、
違う色を重ねて、微妙な
生地や色の変化を頼んでいました。

和布を使って、
現代風
「かさねの色目」を
楽しんでみてはいかがでしょうか?


また、和布は、
ストールやマフラーとして使っていただくほか、
タオルとして手を拭いたり、汗をぬぐったり
急な雨や雪の時、頭に被って、

また、背中に入れて汗取りにしたりと、
日本手ぬぐいのように
万能布として使っていただけます。




その他の竹布商品は、こちらから。

 (Click!) 



竹布・大人可愛いインナーなどの商品カタログ&ショッピングサイトです。
    ↓
 (Click!) 

色彩暦のブログ~毎日、身近に出逢うお花を紹介しています。
 (Click!) 

facebookはこちらからご覧ください。
facebook  (Click!) 





Img_7b78c02afde2c153acf2c70c83b27146
和布 薄藤
Img_796557643249ea4b0f69ec4c250a011f
和布 木蓮
Img_9782886cd5603541cd6d6a0cab339d2a
和布2色使い(紅梅&若竹)

初夏も和布(なごみぬの)で快適に。

Img_97ae24f814f8d8f992cf6eb03827f1ef
さて、これからの季節気になるのが、
紫外線と汗。

しっかり対策をしてお出かけしたいですね。
そこで、登場するのが竹布の一重ガーゼのマフラー
「和布(なごみぬの)」

竹繊維100%で出来た、和布は
柔らかい肌触りです。

竹布は、吸水性抜群の素材です。
汗をかいてもすぐに吸水してくれるので
べとつきません。

首元に巻いて、直接日光がお肌に当たらないように
守ってあげてくださいね。

また、半袖を着る時期、
日よけの上着や、アームカバーの替わりとしても
使えます。
和布を広げて短い方の両端を結びます。
そこへ手をとおして、肩から掛けると
簡易上着として使えますよ。

とても便利な「和布」
竹布ファンの方は、1枚はお持ちだと思いますが、
この夏は、色違いを揃えてみては
如何でしょうか?

色を変えることによって、気分も
変わってきます。
その日の、気持ちによって色選びを
してみるのも楽しいですよ。

また、色数が増えるとコーディネートの幅も
拡がりますよ。


色は8色。
薄藤(うすふじ)
浅藍(あさあい)
若竹(わかたけ)
薄墨(うすずみ)
木蓮(もくれん)
胡桃(くるみ)
紅梅(こうばい)
洗柿(あらいがき)


和布について詳しくは、こちらから。

 (Click!) 

竹布はフォーシーズンでお取り扱いしています。
 (Click!) 





Img_3917a6c8fbc99b319f0ee6e8e2886443
和布 洗柿
Img_3bc1b747b92d308936c0714ca0f059c7
和布 浅藍
Img_2f3b314c760b03fbee9fa44ba84ae1c5
和布 薄藤

竹のストールで、残暑も爽やかに

Img_916537b0c9c4c446fcbf78e9dc47c6e3
二十四節気 処暑をすぎましたが、
残暑が厳しい日が続いています。

ちょっと動いただけで、汗ビッショリ。
竹布の和布(なごみぬの)が手放せません。
和布は、とても薄い竹のガーゼで出来たストールです。
首元に巻くだけで、
汗をしっかり吸ってべとつきません。

外出時に、一日中使用していても
竹の持つ消臭作用で臭いも気にならず、
安心して使って頂けますよ。

和布は、年中使って頂ける
万能布。


色違いで揃えたくなりますね。

Img_599d002ef4660b5a38a6663270bf1b6e
和布 紅梅  2,052円(税込み)
Img_8f0a7cf411f7af211dfc086155278ad3
和布 若竹  2,052円(税込み)
Img_33a749019f704b09ed2e529846a8ecc9
和布 浅藍  2,052円(税込み)
色は7色。
薄藤(うすふじ)
浅藍(あさあい)
若竹(わかたけ)
木蓮(もくれん)
胡桃(くるみ)
紅梅(こうばい)
洗柿(あらいがき)


和布について詳しくは、こちらから。

 (Click!) 

竹布はフォーシーズンでお取り扱いしています。
 (Click!) 


フォーシーズン・サロンiruyの情報はこちらからご覧くださいね。
 (Click!) 


ハンドメイド雑貨部門、福にゃんこのネットショップは、こちらからご覧ください。
 (Click!) 


福にゃんこは、LINE@始めました。
よかったら登録してね。

友だち追加






春の竹布ストール~和布(なごみぬの)


もうすぐ、桃の節句ですね。

重たい冬色コートを脱いで
軽~い春色のお洋服を
着たいですね。

といっても、まだまだ

寒の戻りなどがあり
外は寒い…

そんな今の季節に
一足早く取り入れるには・・・・・


「和布ストール」を
使いましょう。


和布ストールの色は、
春の先取りにピッタリのパステルトーン揃い。

首元に巻くだけで、
春を楽しめます。
Img_89598fbe7ab8a8b15e34994dcdccb989
和布(なごみぬの)紅梅~こうばい
Img_95344fbf8c27c9f1085ddaeacacef8a2
和布(なごみぬの)薄墨~うすずみ
Img_eef5acbef1a4fa1d65a3f16090d65ce8
和布(なごみぬの)胡桃~くるみ

和布ストールの素材は、
一重ガーゼ。

優しい肌触りは
春の暖かいお日様のようです。


生地はとても薄く、
扱いやすく
お洋服を選びません。


パステルカラーの和布(なごみぬの)

日本の伝統色の名前がついています。



紅梅
薄墨
胡桃
若竹
浅藍
洗柿
薄藤
木蓮


名前を聴いただけで、
なんだか心がほっこり和みますね。
Img_8f2ed930870d9985f2a47519c522d072
和布(なごみぬの)若竹~わかたけ
Img_eff1e0d8c3c261fdedcc64b7dfdb3b98
和布(なごみぬの)浅藍~あさあい
Img_d1012cff47d37ad8c92ea5e3192b6bbb
和布(なごみぬの)洗柿~あらいがき
和布は、一色で使う他に
2色使いをすると、
とても楽しめます。

2枚重ねて巻いて頂くと、
反対側の色がほんのり透けて見えます。

平安時代の貴族は、
「かさねの色目」と言って、
着物の生地を表と裏、
違う色を重ねて、微妙な
生地や色の変化を頼んでいました。

和布を使って、
現代風
「かさねの色目」を
楽しんでみてはいかがでしょうか?


また、和布は、
ストールやマフラーとして使っていただくほか、
タオルとして手を拭いたり、汗をぬぐったり
急な雨や雪の時、頭に被って、

また、背中に入れて汗取りにしたりと、
日本手ぬぐいのように
万能布として使っていただけます。




その他の竹布商品は、こちらから。

 (Click!) 



Img_7ad42361b5ef7efe9cc20e9b3f55bc41
和布(なごみぬの)薄藤~うすふじ
Img_bfbf5278c52dcfcaed01e75e12db63ab
和布(なごみぬの)木蓮~もくれん
Img_ae8cd90c15bb63bc9b4590cab72450f0
和布(なごみぬの)2色使い(紅梅・若竹)

ミラノ巻~清布ストール 「洗柿」

Img_b6c04be74733198aa3dd6433956f460f
ミラノ巻~清布ストール 「洗柿」

二十四節気 秋分を過ぎ
朝夕はめっきり涼しくなり
秋めいてまいりました。

この時期になると、大判のストールが
恋しくなりますね。
夏の間、一重ガーゼの「和布(なごみぬの)」を
愛用されていた方も多いと思いますが、
そろそろ、清布にバトンタッチをしてみては
いかがでしょうか?

竹布 清布(すがしぬの)は、2重ガーゼの
柔らかい風合いで、
わたし達の身体に寄り添ってくれます。

首元に、
大判のストールでボリュームを出すと
秋らしいオシャレが楽しめます。

写真の清布ストールの色は
「洗柿(あらいかき)」

洗柿の薄いオレンジ色は「秋のオシャレ」に
ぴったりです。


その他の竹布タオルは、こちらから。

 (Click!) 


カラーライフコーディネーター
神尾友里のホームページ
 (Click!) 



和布~なごみぬの

竹布~和布(なごみぬの)

数ある竹布商品の中で
この和布が一番人気です。

一重ガーゼの「和布」は
柔らかい肌触りで、優しく寄り添ってくれます。

色は、オシャレな淡いパステルトーンなので
お洋服に合わせやすく重宝します。

また2枚づかいでよりお洒落な演出もしていただけます。



皆様が、毎日愛用されている
「和布マフラー」も
肌の弱い方や赤ちゃんにも安心して使ってもらえるようにと
開発された『竹布ベビーソフト』と同じ、
ガーゼ生地で作られています。



竹布ガーゼは、綿のガーゼより
肌への抵抗が少なくなるように織られています。

赤ちゃんでも安心して使える
「竹布ガーゼ」
なのです。

「首元」は身体にとって大切な場所の中のひとつ。
この敏感な場所を守るには、やわらかで
優しい風合いのガーゼが最適だと、
竹布の開発者である相田さんは
考えました。

だから、和布は
巻いているとホッと安心して、
癒されるのですね。

その他の竹布商品は、こちらから。

 (Click!) 




Img_ca4dea9bea24e03661699b15608d66d1
和布の巻き方
Img_9b4354e9e1d39c7a49e1f603fcee526f
Img_adc3f04b70d3c5e5aa192a85855c9e19